ドラム式洗濯機の掃除、ほこりが重要!取れば乾燥復活&いい匂い

2019年10月7日

ドラム式洗濯機も使い始めて
半年以上経過しました。

ほんとに助かる。(*´∇`*)
干さなくてもいい。
天気の心配もしなくていい。

すご~く楽チン♪

毎日毎日、嬉しそうに使うこと半年。
かなり汚れがたまってきたような
気がするなぁ。
乾きも若干悪くなってきた気がする。

掃除した方がいいよね~
と覗いてみると・・・
やばいものをみつけてしまいました。

ほら、こことか。笑

ほこりが半端ない~

こまめに掃除していない私が
悪いんだけど、長く使えるように
いっちょほこりを綺麗に
掃除をしてみようかと。

ところが、

ドラム式洗濯機ってどこにほこりがたまって
どこを掃除すればいいの?

 
 

スポンサーリンク


 

まず、ほこりを綺麗に
掃除したくても
どこを掃除したらいいか
わからん・・・(^▽^;)

そこで今回は
「ドラム式洗濯機の掃除、ほこりが重要!取れば乾燥復活&いい匂い」

ということで、ほこりを中心に
掃除した方法をまとめてみました。

説明書を読みながら、調べながら
自分なりにいろんな箇所を
掃除しみた結果・・・

最終的にはとっても
奇麗になり、乾燥機能もよくなったので、
その方法をご紹介したいと思います。


 

ドラム式洗濯機の掃除、ほこりが重要!取れば乾燥復活&いい匂い

ドラム式洗濯機の掃除、
まずは綺麗さっぱり
ほこりを取り除いていきましょう。

ほこりがたまる場所

  • 乾燥フィルター
  • ダクト
  • パッキン
  • 扉内側
  • 排水フィルター、奥まで
  • 洗剤ケース

 

では順番に説明しますね。

乾燥フィルター

ドラム式を使いだして一番
驚いたことは、すごいほこりが出ること。

毎回乾燥フィルターを
開けると、ものすごい量の
ほこりがくっついています。

一番たまる場所ですね。

いつもは指で適当に取って
また装着していますが
目詰まりしてるので
水洗いし乾燥させました。

目詰まりしている場合は、
水洗いし、乾燥させましょう!

こちらのもう1つの
乾燥フィルターも結構
目詰まりするので、
同じように水洗いし乾燥させました。

 

ダクト

このダクトの中も、結構
ほこりがたまっていますよ!

前から見ると見えないので
見落としがちですが、
裏に回ればほら・・・

ここのほこりを奇麗に取りましょう。

ちなみにここを奇麗にする場合
ちょっと注意してほしいことが。

道具を使う場合は故障の原因に
なりますので、落とさないように
注意して掃除してくださいね。

実はこの隙間、指を入れても幅が
狭くて奥まで届かないんです。

一度竹串で奥の方の埃を
取ろうとチャレンジしたのですが、
落ちてしまいました・・・(/□≦、)

やばい・・次乾燥させたら
竹串が変なところに絡まって
火でもふくんちゃうやろか?(-。-;)

電気系統が壊れてしまうんちゃうか?(-。-;)

無償期間中やし、最悪壊れたら
修理頼んだらええやんと思い、
思い切って回してみた。

ところが旦那に、
「自己責任の故障は、無償の
修理対象にはなるわけないやん?」と
言われ青ざめた・・・
洗濯機が止まるまでドキドキ・・

火をふくこともなく、壊れなかった。
そして運よく、竹串は
排水フィルターに落ちていた。ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ

ということで、ここの埃を
取る時、棒など使う場合は
落とさないように注意してくださいね!

 

スポンサーリンク


 

パッキン

ここ以外に忘れがち。
ここに結構な埃がたまってて
びっくりしました。

このパッキンの溝の埃を奇麗に
取り除いておきましょう。

 

扉内側

扉内側も意外に埃が溜まってます。
ここも奇麗に拭いておきましょう。

 

排水フィルター、奥まで

久しぶりに開けま~す。
1か月ぐらいためたほこり。

おぇ~Σ( ̄ロ ̄lll)

この部分が汚いと、臭いの
原因にもなりますので、
汚れを取り除き、水洗いし
乾燥させてから装着しましょう。

奇麗にすると気持ちいい。

奥まで掃除しておきましょう。

これでさらに臭いの予防にも
なりますよ。

 

洗剤ケース、奥まで

洗剤や柔軟剤を
入れ替えるときに、
ちょこちょこ掃除しています。

詰まっていたりすると、
洗剤や柔軟剤がきちんと
投入されません。

また、洗剤や柔軟剤が
固まったまま放置していると
臭いの原因にもなりますので
こまめに掃除するようにしましょう。

洗剤ケースが設置されている、
奥の部分も意外に汚れているんです。

こちらも時間があれば
掃除しておきましょう。

意外に洗剤の量って
わかりづらいですよね・・・
そんな場合はこちらを参考にどうぞ!

⇒⇒⇒『ドラム式洗濯機の洗剤の量がわからないので、適量を調べてみた件』

 

 

では、ドラム式洗濯機の
ほこりを取り除く掃除は
どれぐらいの頻度で行えば
よいのでしょうか?

ドラム式洗濯機のほこりを取り除く掃除、どれぐらいの頻度ですればいい?

ほこり掃除の頻度

  • 乾燥フィルター、ダクト・・・乾燥機使用時は毎回
  • パッキン、扉内側・・・1ヵ月に1回程度
  • 排水フィルター・・・2週間に1回程度
  • 洗剤ケース・・・1ヵ月に1回程度

 

上記を目安に
掃除することをおすすめします。

こまめにほこりを取り除くことで
乾燥機能も復活し、
ふっくらいい匂いになりますよ~

それでも、柔軟剤が匂わないという場合は・・・
こちらを参考にして下さいね!

⇒⇒⇒『ドラム式洗濯機にしたら柔軟剤が匂わない。メーカーに問い合わせた件』

 

まとめ

さてどうでしたか?

ドラム式洗濯機の掃除、
ほこりを綺麗に取っておくことで
乾燥機能も復活しますし、
臭いの軽減にもつながります。

今回はほこりのたまりやすい
場所から、掃除の方法まで
ご紹介させていただきました。

自分でやってみることで
バッチリ掃除方法を理解しました。

ドラム式洗濯機は干す手間が
省け、本当に重宝しているので
長く使っていくためにも
こまめなほこり掃除は、今後も
続けていこうと思います。

以外に簡単に、すぐできますよ。
皆さんも、ドラム式洗濯機の掃除、
ほこりは常に綺麗にしておくことを
心がけてくださいね~(*´∇`*)

スポンサーリンク