ドラム式洗濯機の洗剤量がわかりにくい!一発でわかる方法とは?

2019年12月6日

ドラム式洗濯機を購入しました!O(≧▽≦)O

洗濯~乾燥まで一気にやってくれるので
本当にありがたいです。

 
しかもうちのドラム式洗濯機、
洗剤と柔軟剤の自動投入機能まで
ついておるではありませんか!

なんて楽ちんなんだろう♪

とりあえず早くやってみたいから、
適当に設定して、いざ洗濯。
ところが・・・床につながっている
排水ホースの部分が泡だらけ・・・ぉお!!(゚ロ゚屮)屮
 

スポンサーリンク


 

なんで??
もしかして洗剤の量が多かったの?

縦型だと、適当に入れてもこんな
泡だらけになったことなかったのに
ドラム式だから?

そこから、きちんと洗剤の量を
設定することに・・・
う~ん、いまいちこの設定で
あっているのかがわからない。(^▽^;)

ということで、
今回はいまいちわかりづらい、
ドラム式洗濯機の洗剤の量について
詳しく調べてみました。

洗剤の量はどれぐらい?
柔軟剤の量はどれぐらい?
少なかったり、入れすぎたらどうなるの?

気になることを徹底的に
調べてみましたので、
ぜひご覧くださいね~


 

ドラム式洗濯機の洗剤の量ってどれぐらい?

ちなみに、洗剤の量ですが、
自動投入機能がついていない場合と
ついている場合に分けて説明しますね。

自動投入機能が付いていない場合

自動投入機能が付いていない
ドラム式洗濯機の場合の
洗剤の量を調べてみましょう。

【自動投入機能が付いていない】場合の洗剤量は?
  1. 電源を入れスタートボタンを押す。
  2. 洗剤量の目安が表示されます。
  3.     「0.8杯」というような形で表示されます。

  4. 洗剤の裏面記載の使用量を投入。

 

もし、表示された洗剤量が
洗剤裏面や説明書の早わかり表に
乗っていない場合は困りますよね。

例えば、ドラム式洗濯機の液晶画面には
「0.9杯」と表示されたのに、
洗剤の裏面には「1杯」か「0.8杯」しかないなど。

そんな時は、0.8杯と1杯の中間の
量を投入しましょう。

また、ドラム式洗濯機ので
手洗い・ドライ・おしゃれ着などの
弱水流コースを選択した場合は、
スタートボタンを押しても、
洗剤量は表示されない場合があります。

その場合は機種ごとに設定が
違うので、必ず取扱説明書で
確認するようにしましょう。

ちなみに、洗濯物の重さからも
洗剤量を調べることができます。

  • 0.5杯・・・2kg以下
  • 0.6杯・・・2kg
  • 0.8杯・・・4kg
  • 0.9杯・・・5kg
  • 1.0杯・・・ 6kg

 

たとえば0.8杯と表示されたら、
洗濯機の中に入っている衣類は
4kgということですね。

洗濯物の重量から推測して
洗剤の量を調べることが
できるので、覚えておいて
損はないと思いますよ!(≧∇≦)b

自動投入機能が付いている場合

自動投入機能が付いている
ドラム式洗濯機の場合は
最初に設定しておきます。

新しく洗剤や柔軟剤を
洗剤ケースに入れたら
設定で30ℓ当たりに入れる
洗剤量を選びます。

こちらも洗剤の裏や、説明書の
早見表で確認して設定しましょう。

説明書に書いてあった

洗剤の適量の調べ方はもう
バッチリですね!

でも、毎回確認するのって面倒ですよね。(^▽^;)

ってことで、ちょっとくらい
適当でも、何とか洗えるっしょ。
ってか、ちょっと多めに入れとけば
いいんじゃない?と思ってました。

ところが・・・
 

スポンサーリンク


 

ドラム式洗濯機の洗剤、適当に入れたらどうなるの?

毎日のことなので、毎回
洗剤量を調べるのは面倒ですよね・・・(^▽^;)

かといって、適当に洗剤を入れてしまうと
こんなことになります。

洗剤が多いと、こんなことが!
  • 汚れ落ちが悪くなる!
  • 色落ちや変色の原因になる!
  • 洗濯物が臭くなる!
  • 洗濯槽に洗剤が残りカビや故障の原因になる!
  • 排水溝が泡だらけになる!

 

洗剤を多く入れたからといって
汚れ落ちが良くなるわけではありません。
逆に汚れ落ちが悪くなる結果に。

また、変色や色落ちの原因になったり
衣服に残った洗剤や柔軟剤が
衣服をコーティングしてしまい
臭いが取れずに臭くなることも。

洗剤が残り、カビや故障の原因に
なったりいろいろとデメリットが
あるんですね~

逆に少なかった場合も
こんなことがおこります。

洗剤が少ないと、こんなことが!
  • 汚れ落ちが悪くなる!
  • 洗濯物が臭くなる!
  • 落ちた汚れが再び衣類に付く!

 
洗剤が足りず、汚れ落ちが悪くなる。
また、せっかく落ちた汚れが
洗濯機の中で再び衣類に付いて
しまうこともあります。

ドラム式洗濯機の洗剤、多すぎても
少なすぎてもデメリットが。

適当に入れるのはおすすめしません!

面倒ですが適量を測って、洗剤を
入れるようにしましょう。

毎日の洗濯物の量は
同じようなものですし、
毎日していると適量も
覚えてきますしね!

ドラム式洗濯機に入れる洗剤の量は
きちんと測って入れましょう!

 
きちんと測って入れるのはいいけど
わかりにくい洗剤も嫌だしなぁ。
結局どんな洗剤を使えばいいんだよ?
というあなたに・・・

次は、ドラム式洗濯機におすすめな
洗剤をご紹介したいと思います。

ドラム式洗濯機におすすめな洗剤

まず、我が家のパナソニックの
ドラム式洗濯機の説明書には
こういう記載があります。

粉せっけんは、水に溶けにくく
詰まりやすいため、水漏れや故障の
原因になります。

ジェルボール等のキューブタイプ、
シートタイプ、タブレットタイプ、
ビーズタイプは入れないでください。

 
つまりこれらもものは
使わない方がいいということ。

ただ、我が家の場合は粉せっけんも
使用しています。
あらかじめぬるま湯で溶かしてから
洗剤投入口に入れると大丈夫です。

ただ、あくまで推奨されているのは
液体洗剤なので、粉せっけんを使いたい
という方は、自己責任でお願いします。

ということで、おすすめの洗剤は
液体洗剤で紹介しますね。

まず、洗うものや汚れ落ちの度合いで
洗剤の種類を使い分けましょう。

  • 毎日使うなら・・・液体洗剤(弱アルカリ性/中性)
  • デリケートな服を洗う時・・・おしゃれ着用洗剤(中性)
  • 汚れをしっかり落としたい時・・・(弱アルカリ性)
  • 衣服を白くしたい場合・・・蛍光剤入の洗剤

 
使い分けるのが一番なんですが
それもめんどくさい・・・笑

そこで、この4つを総合してのおすすめなのは

弱アルカリ性の濃縮液体洗剤です。
蛍光剤無配合、漂白剤配合。
衣類、洗濯水、洗濯槽に抗菌・防カビが働き、
衣類の生乾き臭・汗臭・靴下臭を抑えます。

こちらもおすすめ。


蛍光剤ゼロの中性洗剤なので、
色柄物も安心して洗うことができます。

おしゃれ着を洗うのであれば

ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

さて、どうでしたか?

ドラム式洗濯機の洗剤の量って
いまいちわかりにくいんですよね。

洗濯機に表示された量を
きちんと測って入れること!

少し面倒ですが、説明書の
早見表や洗剤裏面を参考に
適切な量を入れるようにしましょう。

この記事が少しでもお役に
たてば幸いです。(*´∇`*)

スポンサーリンク