記事内に広告が含まれています。

入学祝いののし袋【かわいいデザイン】の書き方や贈り方を徹底解説!

皆さん、春の訪れと共にわが子や身近な子供たちの新しいスタートを迎える時がやってきましたね。
そんな時、温かい気持ちを込めた入学祝いは、子供たちにとって大切な宝物になります。
そんな入学祝いで使うのし袋、最近ではかわいいデザインのものが多く、子供たちにも喜ばれています。

そこで今回は

はーみー
はーみー

入学祝いののし袋【かわいいデザイン】の書き方や贈り方!

について、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

入学祝いののし袋【かわいいデザイン】の書き方!

 

 

最近ではかわいいデザインのものが多くて目移りしちゃいますね( *´艸`)

 

名前を書くスペースがあるのし袋

シンプルでだけど、すごくかわいいですね!
これなら、小学校、中学校、高校とどのお子様にも贈れますね。

シンプルなデザインなら

    • 上段・・・「入学祝」「入学御祝」「御入学祝」「祝御入学」
    • 下段・・・上段よりも少し小さな文字で、贈り主の名前

を書きます。

4文字になると縁起が悪いと感じる場合には、「祝」の後に一文字のスペースをあけて「御入学」と書く方法もあります。
筆ペンで心を込めてはっきりとした字で書くと、より温かみが伝わります。

複数で贈る場合は、右から順に名前を書きます。
夫婦で贈る時は、夫の名前を右、妻の名前を左に。
連名で贈る場合は、3人まで氏名を書きます。
その場合は、右から年長もしくは地位が高い順、友人同士の場合だと50音順に書きます。

この小さなルールが、お祝いの品を一層素敵に見せてくれるんですよ。

 

名前を書くスペースがないのし袋

こんなタイプのものだと、男女どちらにも使えそうでいいですよね~

ただ、かわいいのし袋の場合「名前を書くスペース」がないものが多いんです・・・(;^_^A
その場合は・・・

はーみー
はーみー

表に名前を書かなくてOK!
中袋か裏面に書きましょう。

    • 中袋があるのし袋・・・書く場所の指定があればその枠内に。
      なければ裏面左下に送り主の名前を書きましょう。
    • 中袋がないのし袋・・・裏面の左下に送り主の名前を書く。

もう少し詳しく紹介しますね。

中袋があるのし袋

①中袋に書く所が印字されている場合

住所、氏名、金額を書く所が印字されている場合、そこに書いてください。

横書きの場合:算用数字で「5,000円」「10,000円」と書いてもOKです。
縦書きの場合:漢数字で「五千円(伍仟円)」「一万円(壱万円・壱萬円)」と書きます。

※最近では数字を難しく書かずに『五千円』『一万円』と書くことが多いようです。

②無地の場合

表の中央に漢数字で「金壱万円也」と、金額を書きます。
也を付けてもOKです。

裏面の左下に、贈る人の住所と氏名を書きます。

中袋がないのし袋

中袋がないのし袋の場合は、表の右上に「〇〇ちゃんへ」「〇〇くんへ」と書き、封筒裏の左下に「〇〇より」と贈り主の名前を書きます。

この場合は、金額を書く欄がなければ書く必要はありません。

ここまでで、入学祝いののし袋【かわいいデザイン】の書き方について紹介しました。
次はちょっと押さえておきたいのし袋の選び方について少し紹介したいと思います。

 

入学祝いののし袋、水引があるタイプを選んだほうがいい場合

水引がついたオーソドックスなのし袋を選んだほうがいい場合もあります。

    • 目上の方の子供へ贈る場合
    • 贈る金額が2万円以上の場合

この場合の水引は、「蝶結び」=何回あってもいいお祝い事
を選びましょう。

以前このタイプののし袋で入学祝を贈った時、ものすごく喜んでくれました。
後々使えるものを封筒にするなんて素敵ですよね~

定番タイプののし袋の書き方は、コチラの記事を参考にして下さいね。
『入学祝いののしの書き方、カジュアルタイプから定番まで【完全保存版】』

入学祝いののし袋【かわいいデザイン】の贈り方!

 

お金の入れ方にも愛情を

のし袋に入れるお金も、その入れ方に気を配ることが大切です。
新札を選び、きれいに向きを揃えて、お札が見えるようにしましょう。
このひと手間が、贈り物を受け取った時の喜びを増やします。

お札は、封筒の表を自分に向けたとき、肖像画が上に来るように入れるのがコツです。

 

兄弟で入学する場合は?

複数の子供が同時に入学する場合、それぞれに対するお祝いをどう表現するかも大切です。
のし袋の左上に、それぞれの子供の名前を小さく書くと、贈り物が誰宛てかが一目で分かります。
このように、ちょっとした心配りが贈り物をより特別なものにしてくれます。

【大見出し】子供たちの新たなスタートに寄り添う
入学は子供たちにとって大きな一歩です。私たち大人ができることは、その一歩を全力で応援し、心からの祝福を送ること。入学祝いののし袋一つをとっても、その愛情が伝わるように丁寧に準備しましょう。

個性を活かしたかわいいデザインののし袋も、子供たちに喜んでもらえること間違いなしです。また、お金の入れ方や名前の書き方に少し工夫を加えるだけで、お祝いがより心に残るものになります。

入学祝いののし袋【かわいいデザイン】の書き方まとめ

子供たちの入学は、彼らの成長の証。
私たち大人が、その新しい門出を温かく見守り支えることができれば、それに勝る喜びはありません。

入学祝いののし袋の書き方は、ちょっとしたコツをつかむだけで、ぐっと素敵になります。子供たちの新しい門出に、あなたの思いやりを込めたのし袋を贈って、その特別な日をさらに彩りましょう。

子供たちのこれからの成長を応援する心、そしてお祝いの気持ちを、丁寧に書かれた一文字一文字に込めて。愛情いっぱいの入学祝いで、子供たちの未来への一歩を暖かく見守りましょうね。

 

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
はーみーママ

こんにちは。
関西に住む2児の母です。
涙あり、笑いありのドタバタ生活の中で発見した、お役立ち情報を発信していますので楽しんでくださいね!

はーみーママをフォローする
その他
スポンサーリンク
はーみーママをフォローする
ママのぎもん
タイトルとURLをコピーしました