記事内に広告が含まれています。

茶色の作り方!絵の具や他のものまで、黒なしでも簡単に作る方法!

「茶色ってどんな色?」と問われたら、皆さんは何を思い浮かべますか?

木のぬくもり、ほっとするコーヒーの色、秋の落ち葉などなど。
人それぞれ、茶色に込める思いは違うでしょう。
茶色には深みがあり、ほんの少しの違いで、暗めの茶色から明るいベージュまで幅広い色合いを持っています。

この文章では、初心者でも簡単に様々な茶色を作れる方法をご紹介します。

あなたの思い描く完璧な茶色を実現できるかもしれませんよ。新しい発見やお気に入りの色を見つけてみてください。

 

スポンサーリンク

茶色の作り方!誰でもマスターできる身近な色から簡単に作る方法!

茶色を作るのは、意外と難しいかもしれません。
実際に色を混ぜてみると、思った色とは違う結果になることも。
でも大丈夫、ここでは簡単な茶色の作り方を紹介します。

 

簡単!基本の茶色の作り方

茶色を作る基本の方法は【黄+赤+黒】の組み合わせです。

この方法で、簡単に様々な茶色を作ることができます。

まずは黄色と赤色を混ぜてオレンジ色を作り、そこに黒を加えることで茶色に変わります。
黒の量を調整することで、お好みの深さの茶色を作ることができますよ。

 

三原色を使った茶色の作り方

もう一つの方法は【赤+青+黄】の3原色を使う方法です。

この方法は、3色を同じ割合で混ぜるだけで、美しい茶色ができあがります。
この方法では、黒色の調整が不要で、より簡単に茶色を作れます。

 

黒を使わない茶色の作り方

最後に、【緑+赤】の2色だけで茶色を作る方法を紹介します。

緑色は黄色と青色で作れるので、実質的には3原色を使っています。
緑に赤を少しずつ加えることで、さまざまな茶色を作ることができます。

また、【紫+黄色】や【オレンジ+青色】を使っても、興味深い茶色が作れるのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

茶色の作り方!豊かなバリエーションを知ろう

茶色って一言で言っても、実はその作り方や色の調合はさまざまなんですよね。
日本には、なんと伝統色として72種類もの茶色が存在しているんです。
こんなにたくさんあるなんて、ちょっと驚きですよね。

では、なぜそんなに多くの茶色が存在するのでしょう?それには、茶色の歴史が関係しています。ちょっと面白いお話をしましょう。

茶色の始まりは、中国から伝わったお茶の色から。
現代では緑茶が一般的ですが、昔は番茶が主流だったんですよ。実は、お茶は室町時代から染料としても使用されていました。江戸時代には、贅沢が禁止されたため、庶民は茶色や藍色など限られた色で工夫して衣服を彩っていました。そうした制限の中で、人々はさまざまなバリエーションの茶色を創り出して楽しんだんです。

茶色には、木材などの自然な色合いがありますが、その背景には昔の人々の創意工夫が受け継がれていると感じられるからこそ、なんとなくリラックスできる気持ちになるのかもしれませんね。

 

濃いこげ茶色の作り方を紹介

では、具体的に茶色のバリエーションをどうやって作るのでしょうか?
ここでは、例として濃いこげ茶色(チョコレート色)の作り方をご紹介します。

濃いこげ茶色を作るには、【黄色+赤色+黒色】または【橙色+黒色】を混ぜます。

実は、これまでに紹介した色と同じ組み合わせを使います。

大事なのは、各色をどれだけ混ぜるか、その比率です。
黒色を加えることで、濃い色合いを作り出すことができます。
ただし、一度暗くなった色を明るくするのは難しいので、黒色は慎重に加えましょう。

黒の代わりに青を使うと、カーキ系の色合いになる可能性があるので注意が必要です。
濃いこげ茶色を目指すなら、黒色を使うことをおすすめします。

 

赤茶色(レンガ色)の作り方

続いては、赤茶色(レンガ色)の作り方をご紹介します。
赤茶色は暖かみのある色で、ファッションやインテリア、レンガなど多岐にわたって使われる人気の色です。秋冬のファッションに取り入れると、季節感が出て素敵ですよね。

赤茶色を作るには、【黄色+赤色+黒色】または【橙色+黒色】を混ぜます。

重要なのは、赤色を強調すること。つまり、赤みがかった橙色に黒色を加えて、明度を調整していきます。
これにより、赤みが強い暖かな赤茶色が生まれます。

赤茶色を作る際は、赤色を多めにすることがポイントです。
ただし、色の調整は繊細な作業なので、目指す色に近づけるためには少しずつ調整するのが良いでしょう。

 

くすんだ茶色(ミルクティー色)の作り方

次は、くすんだ茶色、別名ミルクティー色の作り方です。
くすんだ色とは、灰色が混ざったような、彩度や明度が低い色を指します。
インテリアなどで人気の色合いです。

この色を作るには【黄色+赤色+黒色+白色】を混ぜます。

つまり、茶色に白色を加えることで、くすんだ色合いを出すことができます。
白色は黒色と比較して強い色ではないので、よりくすんだ色に近づけたい場合は、白色に茶色を加えて調整するのが良いでしょう。

 

黄色系の茶色(黄土色)の作り方

続いては、黄色系の茶色、黄土色の作り方をご紹介します。
黄色は明るく元気な色で、秋冬のファッションに取り入れると、明るくおしゃれな印象を与えますよね。

黄色系の茶色を作るには、【黄色+赤色+黒色】または【橙色+黒色】を混ぜます。

重要なのは、黄色を強調することです。
最初に黄色がかった橙色を作り、そこに黒色を加えて明度を調整します。
また、もっと簡単に黄色系の茶色を作る方法としては、【黄色+茶色】を混ぜる方法もあります。

 

ネイルジェルでの茶色の作り方

 

絵具での茶色の作り方を紹介しましたが、ネイルジェルで茶色を作る方法もあります。

ネイルジェルは硬化させるためにUVライトが必要ですが、色を混ぜ合わせることは容易です。
ネイルジェルでの茶色作りでも、同じ方法で色を調合できますが、爪に塗る際は肌色に合わせた色づくりが重要です。
赤色の代わりにピンク色を使うと、ピンクベージュのような肌馴染みの良いカラーが作れます。

 

レジンでの茶色作りのポイント

レジンで茶色を作る場合、ポイントはレジン液に専用の着色剤を混ぜることです。
着色剤の分量や組み合わせに関しても、同じ方法で調整が可能です。
市販のカラーレジン同士を混ぜることもできますが、保管や管理には注意が必要です。

 

茶色の作り方!誰でもマスターできる身近な色から簡単に作る方法のまとめ

色は私たちの生活に深く根ざしており、感情や健康に影響を与えることもあります。
色に意識的に向き合う機会は、市販の製品が手軽に入手できる現代では少なくなっていますが、実はそれぞれの色には多様なバリエーションと奥深い世界が広がっています。
特に茶色は、その豊かな色調で多くの可能性を秘めている色です。

普段目にする景色も、どのような色が使われているのか、どうやって作るのか、また、色の組み合わせがどのように感じられるかなど、新しい視点で見ることで、世界はよりカラフルに感じられるかもしれません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事が皆様の日常に新たな色の発見と楽しみをもたらすきっかけとなれば幸いです。
色と共に、豊かな日々を過ごしていただければと思います。(#^.^#)

プロフィール
この記事を書いた人
はーみーママ

こんにちは。
関西に住む2児の母です。
涙あり、笑いありのドタバタ生活の中で発見した、お役立ち情報を発信していますので楽しんでくださいね!

はーみーママをフォローする
その他
スポンサーリンク
はーみーママをフォローする
ママのぎもん
タイトルとURLをコピーしました