記事内に広告が含まれています。

「熱を出す方法」誰にもバレない裏ワザ10選!サボりたい時の救世主

「明日は絶対休みたい!」

そんな時、あったらいいなと思うのが「熱を出す方法」ですよね。
ネット上には色々な情報がありますが、今回は本当に効果のある方法をピックアップしてみましたよ!

 

スポンサーリンク

「熱を出す方法」11選!サボりたい時の救世主!

急に休みたくなった時、37度の微熱がちょうどいいですよね。
ここでは特別な道具を使わずに体温を少し上げる方法をご紹介します。

 

1.首を動かしてみる

まずは、首を動かしてみましょう。意外と簡単に体温が上がるんですよ。
ちょっと首を動かした後に測定するだけで、37度を超える可能性大!
ただし、無理は禁物ですよ。

 

2.深呼吸を意識する

次に、深呼吸を意識してみてください。
深い呼吸は体温上昇に効果的ですが、他の方法と合わせるのがおすすめです。

 

3.息を止める

深呼吸は血液の流れを良くするのに役立ちます。
深く息を吸った後に息を止めると、肺が膨らみ横隔膜の動きが促進されます。
息を止めて、呼吸をして、を繰り返していくと体温が上がるでしょう。

この方法は手軽で、追加の費用がかからずに実践できますが、体温の上昇にはある程度の限界があるので注意して下さいね。

 

4.しょうゆを飲む(ちょっとだけ)

しょうゆを少し摂るのも一つの手。
でも、しょうゆの過剰摂取は健康リスクがあるので、くれぐれも量には気をつけてくださいね。

 

5.玉ねぎ活用法

玉ねぎを使う方法もあります。
玉ねぎに含まれる成分が体温を上げる助けになります。
生姜やネギも同じくらい効果的ですよ。
辛いもの好きなら、辛いものを食べるのもいいですね。

 

6.ツボを押してみる

体を温めるツボを押すのもいいですよ。
特定のツボを刺激すると、体がじんわり温まるんです。

【陽池(ようち)のツボ】
手首をそらせたときに手の甲側にできるしわの中央を、反対の手の親指で6秒間押しもんでみよう。(10回、左右同様)

【腎兪(じんゆ)のツボ】
ウエストの高さにある背骨の中心から指2本分外側にあるツボ。
両手を腰にあて、左右の腎兪のツボを親指で10秒間押しもむ。
10回繰り返してみてね。

 

7.睡眠をちょっと削る

睡眠不足も体温上昇の一因です。
徹夜してみると、風邪っぽい症状が出やすくなりますよ。

 

8.冷水シャワーで反応を

意外ですが、冷水を浴びると体が反応して体温が上がることがあります。
試してみる価値あり!

 

9.軽い運動をする

もちろん、運動することで体温は上がります。ちょっとしたランニングや筋トレが効果的ですよ。

 

10.布団にもぐる

厚い布団にもぐると熱がこもるため、どんどん体温も上がっていきます。

ただし、普段の体温に下げようと汗をかいて調整するので、寝ている間に必要以上の汗をかき、その汗で体が冷えてしまい風邪をひくので注意してくださいね。

スポンサーリンク

 

体温計をちょっといじる裏ワザ!

実際に体温を上げる以外に、体温計をちょっといじる裏ワザもありますよ。
私も小学生の時よくやりました( *´艸`)

 

摩擦熱を使ってみる

摩擦熱を使うのも一つの方法。
体温計を擦ると温度が上がるんです。ただし、摩擦しすぎには注意してくださいね。

 

温タオルで温める

温かいタオルを使って脇を温めるのも効果的です。
これで体温計の温度をちょっと上げることができます。
でも、タオルが熱すぎないように気をつけてくださいね。カイロでもOKです!

 

暖かい部位で測る

体温計は脇だけじゃないんです。首や腕、膝裏など、暖かい部分で測ると、もしかしたら高めの温度が出るかもしれませんよ。

 

仮病をつかう時の注意点!

仮病を使う時の注意点も知っておくと安心です。
誰にもばれないようにしましょうね。

 

電話での態度に注意

学校や職場に連絡する時は、声のトーンや周りの雰囲気に注意しましょう。明るすぎる声や賑やかな背景は疑われる原因になります。

 

外出は避けて

休んでる日に外出するのはNG。ばれると大変ですから、家でゆっくり過ごしましょう。

 

SNS投稿にも気をつけて

休んでる日のSNS投稿は控えめに。特に外出したり楽しんでいる姿をアップするのは避けてくださいね。

理由をマンネリ化させない

仮病の理由をいつも同じにしないようにしましょう。同じパターンだと疑われやすくなります。

 

常習化は危険

仮病を頻繁に使うのはNG。信頼を失ってしまいますよ。

 

普段の行いも大切

普段から真面目に過ごしておけば、本当に必要な時に休むことが認められやすくなります。

 

「熱を出す方法」誰にもバレない裏ワザ10選!まとめ

今回は、ちょっとした熱を出す方法と、仮病を使う際の注意点をご紹介しました。
でもね、健康や信頼を損ねないように、賢く使ってくださいね。

プロフィール
この記事を書いた人
はーみーママ

こんにちは。
関西に住む2児の母です。
涙あり、笑いありのドタバタ生活の中で発見した、お役立ち情報を発信していますので楽しんでくださいね!

はーみーママをフォローする
その他
スポンサーリンク
はーみーママをフォローする
ママのぎもん
タイトルとURLをコピーしました