バッシュは洗うことができない?でも、臭いを取る方法を発見したよ!

息子のバッシュ、洗いたい・・・
だって、めっちゃ臭いから!

 

バッシュ洗いたくないですか?
まるっと綺麗に洗いたい。
そしたら、あの臭いもなくなるのでは?

とみなさん思いますよね??
ということで今日は
『バッシュは洗うことができるの?』について
調べてみましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 
洗えないとしても、あの
臭いを取る方法は見つけてみせます!

ぜひご覧ください。


 

バッシュは洗うことができるの?

「バッシュは洗うことができるの?」
についての回答は


基本は洗うことはできません!
でも、臭いを取る方法を発見!

 
そうなんです。
基本、バッシュは洗えません。

ちなみに、息子のバッシュは
インソール(中敷き)が取り外しできる
タイプのものだったので、
洗えるのか聞いてみたら、ダメでした。(^▽^;)

インソールくらいええやんと思ったのですが、
インソールこそ特殊な設計が施された
高性能パーツなんですって。

特殊な素材が使われていたり、
洗うことで型崩れしてしまい
本来の機能性が落ちてしまうこともあるそう。

汚れた場合は、汚れを拭き取ったり
陰干しする程度に
手入れしてください。

お店の方は言われていました。

またバッシュの素材によっては
丸洗いはできなくても
あの臭いや汚れを取る
手入れの仕方があります。

そこをさらに詳しく調べてみましたので
紹介したいと思います。

まずは、一番気になる
バッシュの臭いの取り方から
紹介しますね。

これで、あのバッシュのものすごい
臭いともおさらば~(*^-°)v

バッシュの臭いを一撃で取る方法

それにしても、なんであんなに
バッシュって臭いんでしょうか?(^▽^;)

子供とは言え、ものすごい
臭い・・・

まぁ、汗だくになって
バスケをやっているのだから
臭いのは当然ですが、それにしても。

ということで、バッシュを洗うことが
できないとしても、臭いや汚れは
奇麗に取り除き、爽やかに履きたい。

みんなの切なる願いではないでしょうか。笑

そこで断然私のおすすめは
コチラ↓

『グランズレメディ』という
魔法の粉です。

ニュージーランドで20年以上
愛用されている天然成分の
消臭パウダーです。

バスケママからも、これが
効くよ~と大絶賛。
騙されたと思って
購入してみました。

グランズレメディの使い方

使い方は凄く簡単。

付属のスプーン1杯分の
粉を、靴の中に振り入れ
軽くゆすって全体に
いきわたる様にします。

そのまま靴を履いて
お出かけ下さい!とのこと。

時間がない場合は、帰宅後
靴を脱いだ後に振り入れて
翌日そのままお出かけるといいみたい。

さっそく粉を振りかけ、
バッシュを履いてみました。

すぐ見たら、靴下は真っ白。笑

一日バスケをして、帰宅後
バッシュを確認。

靴下に吸収されたのか
靴に吸収されたのかは
よくわかりませんが、
時間がたてば、粉も
ほぼなくなっていました。(;´▽`A“

粉を振り入れて履く⇒
粉を振り入れて履く
これを繰り返すこと1週間。

え?うそ?バッシュが臭くない!

 
すごい!

実は、このグランズレメディを
使う前は、新聞紙を詰めてみたり
10円玉を入れてみたり、
いろいろ試してはみたんですよ。

でも、どれも効果がなくて・・・

騙されてと思ってグランズレメディ
使ってみたら、なんと効果が
ありましたという結果になりました。

初期投資は必要ですが、
スプーン1杯しか使わないので
コスパはかなりいいのではと思いました。


 
また、バッシュだけでなく、
主人の革靴や、子供のスニーカー
私のサンダルまで幅広く
消臭できるので、一家に1個あれば
十分使えますよ~

効果は最長6ヵ月ということなので、
また臭いが気になりだしたら
使ってみようと思います。

その他にバッシュが長持ちするよう
素材別のお手入れ方法を紹介します。

 

スポンサーリンク


 

素材ごとのバッシュのお手入れ方法!

ちなみに、バッシュの素材として
大きく分けて3つにわかれます。

  • 天然皮革の場合
  • 人工皮革の場合
  • 天然繊維や合成繊維の場合

 

これらの素材によって、
お手入れ方法が違うので
詳しく紹介しますね。

天然皮革の場合

天然皮革のシューズの
水洗いは厳禁です!

革なので、水洗いをすると
型崩れや甲被表面をいためる
原因となりますので、やめておきましょう。

ではどうやってお手入れするのか?

ここで登場するのが
皮革専用のクリーナーです。

クリーナーを、やわらかい白い布につけ、
甲被全体に薄くこすりつけて汚れを落とします。

シューズのカラーが黒なら、黒のクリームを。
白いシューズには白のクリームを使います。

黒白以外のカラーには
無色を塗ります。

仕上げは、必ずやわらかい
白い布で余分なクリームを拭き取り、
よく磨きます。

このシュークリームで、たいていの
汚れは落ちツヤが出ます。

ドロ汚れがある場合は、
ドロ汚れの部分のみ水をつけて
シューシャンプーで汚れを洗い落とします。

あくまで、よごれた部分のみ
洗うように注意しましょう。

その後、紙などをつめて形を整え、
風通しの良い日かげで乾かし、
最後にシュークリームで磨き
ツヤを出します。

ただし、天然皮革の場合は
水洗いはできる限りしない方が
いいので、汚れがひどくなる前に
お手入れしましょう!

また、起毛革の場合はブラシ付着した汚れを
丁寧に取り除きます。

陰干しし、再度ブラシをかけて
仕上げます。

人工皮革の場合

人工皮革の場合も、
天然皮革とほぼ
お手入れ方法は同じです。

人工皮革の場合、やわらかい布で
さっと水拭きをするだけで、
簡単に汚れが落ちます。

水拭きだけで汚れが落ちない場合は、
クリーナーを使います。

天然皮革と同様、汚れが
ひどい場合は、その部分だけ
シューシャンプーで
汚れを洗い落とし、
形を整えて陰干しします。

最後にシュークリームで
磨いて完成です。

天然繊維や合成繊維の場合

こちらも人工皮革と
同様です。

やわらかい布で
さっと水拭きをするだけで、
簡単に汚れが落ちます。

水拭きだけで汚れが落ちない場合は、
クリーナーを使い汚れがひどい部分だけ
シューシャンプーで落とします。

形を整えて陰干しし、
最後にシュークリームで
磨いて終わりです。

まとめ

さてどうでしたか?

バッシュは基本洗うことはできません!

 

それでもどうしても取りたい、
バッシュの臭いには
『グランズレメディ』がおすすめ!

そして、バッシュの汚れについては、
天然皮革も人工皮革も、できる限り
水を使わず拭き取って汚れを
取り除くことが重要です。

水洗いすると、型崩れしたり
バッシュ本来の機能性が
無くなるおそれもあります。

なるべく早めにお手入れすることが
重要ということですね!

素材ごとに細かな手入れ方法が違いますので、
もう一度確認してみてくださいね。

バッシュも高価なものなので、
サイズが合う限り、早めにお手入れをして
丁寧に長く使ってほしいなぁと思います。(#^.^#)

スポンサーリンク