記事内に広告が含まれています。

リビングは引き戸、開き戸?値段は上がるが引き戸にした理由とは?

リフォーム工事も着々と
進んでおります!

間取りで悩み、窓で悩み
今度はドアで悩んでいます。

我が家は、日本家屋ということもあり
設計上では、ほとんどが引き戸を
採用しています。

その中で開き戸になるところが
各自の部屋と、トイレ、
リビングのドアです。


各自の部屋とトイレは、開き戸で
問題ないのですが、リビングのドアを
開き戸にするか引き戸にするかで悩んでいます。(^▽^;)

そこで今回は、リビングのドアは
引き戸か開き戸、どっちがおすすめ?
値段や使い勝手など、いろいろ比較してみました。

 
 

 
 

ドア一つでも、ほんと悩んでしまう・・・(^▽^;)
それだけ家造りは奥が深く、楽しいものですね!
 

スポンサーリンク

リビングのドアは引き戸、開き戸どっちがおすすめ?

 
ものすごく難しい選択肢ですね。(^▽^;)

家の顔ともなるべく、リビングのドア!
引き戸か開き戸か決めるなんて・・・
難しすぎます!ヾ(;´▽`A“

悩んだあげく
我が家が採用したリビングドアは

引き戸です!

 
これから、引き戸、開き戸の
メリット、デメリット。
値段や使い勝手など、
我が家が引き戸に決定した経緯を
ご紹介したいと思います。

 

 

まずは、引き戸と開き戸の
メリット、デメリットからみていきましょう。
 

引き戸と開き戸のメリット、デメリットとは?

 
引き戸、開き戸のメリット、デメリットを
設計士の方や大工さんからのアドバイスも
含め、考えられるだけあげてみました。
 
 

引き戸のメリット、デメリット

 

引き戸のメリット
  • 開け具合が調整でき、通風性が良い
  • 開けっ放しにしておくと、解放感が出る
  • ドアを開ける時人にぶつからない
  • 扉を開けるのに、スペースがいらない

 

引き戸のデメリット
  • レールに埃がたまる
  • 引き戸を引き込む場所に、コンセントなどつけることができない
  • 枠が付く場合は見た目が気になる
  • どうしても隙間ができ、気密性が落ちる

 
お次は開き戸についてもみていきましょう。
 
 

開き戸のメリット、デメリット

 

開き戸のメリット
  • 気密性が良い
  • レールが無いので掃除が楽
  • スイッチやコンセントの場所に制約を受けない
  • 可愛いドアノブが選べる
  • 価格は引き戸よりも安い

 

開き戸のデメリット
  • ドアを開けるのに、スペースが必要
  • ドアの開き具合が調整できない
  • 開けっ放しのドアが、風で閉まる場合も
  • 開ける動きが大きくなるので、高齢者や
    身体の不自由な方は使いにくい

 
まとめてみると、どちらを選んでも
メリット、デメリットがありなかなか
決まりませんね・・・(^▽^;)

決定的な違いがあれば簡単に決まるのに。笑

値段で決めようという事になり、
引き戸と開き戸の見積もりを
お願いしてみました。
 

引き戸と開き戸の値段の差は?

 
工務店の方に、引き戸と開き戸と
どちらも見積もりをお願いしました。

なんと、その差は約7,000円!

微妙~ヾ(;´▽`A“
決定的な決め手にならない。笑

我が家は引き戸でも、引き込み戸ではなく
アウトセット引き戸といって
壁に沿って開け閉めするタイプだったので
差額は7,000円程でした。

ただ、一般的には引き戸の方が開き戸よりも
1.5倍ほどお値段が高くなると言っていました。

開き戸でも、引き込み戸になると
壁の中に引きこみレールをつける
工事があるのでさらに高くなるそうです。

もし迷われているなら、引き戸、開き戸で
どちらも見積もりを取られることをおすすめします!

では、次の決め手にうつりましょう。
使い勝手勝負です。

 

引き戸と開き戸、使い勝手はどっちがいい?

 

メリット、デメリットから
使い勝手を考えてみました。

引き戸の使い勝手はどう?

扉を開く動作が小さく、楽そう。

何より、開け具合が調整できるのがみそ!

例えば、ちょっと風を通したければ
半分開けることもできるし、
全部開ければ解放感抜群!

デメリットは、レールに埃がたまるし
枠が部屋から見えるのが気になる。

でも、我が家はハイドアの吊り戸にしたので
レールもなければ、枠もないんですって。

あとは、どうしても隙間ができて
気密性がおとるということ。
これはどうしようもないそうです。(-。-;)

 

開き戸の使い勝手はどう?

開き戸は、レールが無いので
埃はたまらないし、掃除が楽。

気密性は抜群なので
そこは惹かれます・・・

ドアノブも可愛いものが選べるけど
私は全然興味がない。笑

デメリットは、開けっ放しはできるけど、
基本閉めるか開けるかどっちかですよね。
開け具合が調整できないのが・・・

開けっ放しにしていたら、風で
いきなり「バタンッ」としまることも。
びびります・・・w(*゚o゚*)w

荷物を持って入る時も、開き戸は
途中で閉まってきたりして面倒な時も。

 

あれ?引き戸が良くなってきた・・・笑

次は間取りで考えてみました。
間取りでの考えが決定打となりました!
 

間取りで引き戸か開き戸を考えよう!

 
図面で見ると、玄関入って
すぐ右手にある扉が、
リビングの扉になります。

写真で見てもらえれば更にわかりやすいですが
この右側に見える扉が、リビングに入る
扉になります。

奥の部屋が荷物で汚すぎるので
少々目隠しを・・・
申し訳ありません・・・(^▽^;)

現状の玄関は、3段の段差があります。
今回リフォームで、この玄関の段差を
2段にし、廊下の高さと同じにする予定です。

ところが、ちょうど2段目に
リビングの扉があるんですよね。

つまり、開き戸だと開け閉めする際
段差があるので、少々開けづらくなります。

部屋から出る際も、ドアを開けて
勢いよく出ると、段差があり
足を滑らす恐れもあるかも・・・

以前は同じ開き戸でも玄関の方に
扉が開いていたので、段差が
見えなくなり気にならなかったんです。
(本当はこの向きで扉を付けること自体
なかなかないんですって・・・(^_^;))

今回開き戸になると、玄関とは反対に
開く形になるので、段差が余計に
目に入り、少々使いづらさを感じました。

引き戸なら、段差のある空間を
把握した上で、横に開けるだけなので
段差は気にならないだろうと思います。

そして、これから年老いた私達には
長い目でみて引き戸の方がいいんではないか?

ということで、引き戸に決定!
 

まとめ

 
さて、どうでしたか?

家のドアって、めちゃくちゃ大事ですね!

案外、図面を見てもドアが
引き戸か開き戸かなんて、
さほど気にならなくて
スルーしてしまうことが多いんですよね。

でも、それによって使い勝手や
他のドアとの干渉などあるので
じっくり悩んで決めて頂きたいなと思います。

いざ、取り付けてからではなかなか
変更できないものですしね。

使い勝手や値段の差も大事ですし、
なにより間取りをもう一度見直して
引き戸か開き戸、どちらが自分の家に
合っているかを見てみることをおすすめします!

それでは楽しい家造りを~(#^.^#)

プロフィール
この記事を書いた人
はーみーママ

こんにちは。
関西に住む2児の母です。
涙あり、笑いありのドタバタ生活の中で発見した、お役立ち情報を発信していますので楽しんでくださいね!

はーみーママをフォローする
その他
スポンサーリンク
はーみーママをフォローする
ママのぎもん
タイトルとURLをコピーしました