記事内に広告が含まれています。

すずめの戸締まりとハウルの動く城は似てる?意外な共通点4つを検証!

こんにちは、映画好きの皆さん!

今日は、みなさんに興味深い話を一つ。
新海誠の「すずめの戸締まり」と、宮崎駿の「ハウルの動く城」、この二つの映画が似ているって聞いたことありますか?
どちらも素晴らしい作品ですよね。

実は、ある共通点があるんですよ。
では、どこが似ているのか?

スポンサーリンク

「すずめの戸締まり」と「ハウルの動く城」似てるって本当?

似ているといわれる理由を、4つお伝えしますね。

理由1: キャラクターの似た雰囲気

 

まず、宗像草太とハウル、この二人、なんとなく似てますよね。

黒髪ロングの髪型、スタイリッシュな服装。
SNSでは、この二人の似た外見について話題になっていました。

でも、性格はちょっと違うんです。
ハウルの感情的な面と宗像草太の落ち着いた内面、この違いが彼らの個性を際立たせています。

 

理由2: 主人公による救済の展開

次に、両作品には主人公が男性キャラクターを救う展開があります。
鈴芽が草太を、ソフィーがハウルを。
このような共通のストーリーラインは、視聴者にとって親しみやすい要素かもしれませんね。

ただ、このテーマは他の作品でもよく見られるので、これだけで似ているとは言えないかもしれません。

 

理由3: 変貌した姿での恋

すずめの戸締りは草太が「椅子」に、ハウルの動く城ではソフィーが「お婆さん」に変身させられます。

姿が変貌した状態での「恋の物語」はハウルの動く城と似ていますよね。

 

理由4: 異世界に通じる不思議な「ドア」

最後に、両映画の「ドア」が異世界への入口となる点。
これも共通しています。
まるでドラえもんの「どこでもドア」のように、異次元へと導く魔法の扉。
これが、両作品のファンタジーな世界観を強調しているんですよね。

 

「すずめの戸締まり」と「ハウルの動く城」似てるけど違う!

確かにいろいろと似ている部分がありますが、それぞれの物語のテーマは全く違います。

『すずめの戸締まり』は「災害」という深いテーマを掘り下げています。
『ハウルの動く城』は「老い」と「美」をテーマにしています。

両監督の作品は、それぞれ独自の世界観で私たちを引き込みます。

『すずめの戸締まり』や『ハウルの動く城』やを通じて感じた共通点や違いは、それぞれの作品をより深く理解するきっかけになるでしょう。
他にも素晴らしい作品がたくさんありますから、ぜひチェックしてみてくださいね。

それぞれの作品が持つ魅力を存分に楽しんでください!

プロフィール
この記事を書いた人
はーみーママ

こんにちは。
関西に住む2児の母です。
涙あり、笑いありのドタバタ生活の中で発見した、お役立ち情報を発信していますので楽しんでくださいね!

はーみーママをフォローする
その他
スポンサーリンク
はーみーママをフォローする
ママのぎもん
タイトルとURLをコピーしました