記事内に広告が含まれています。

みかんは冷蔵庫で保存してもいいの?カビの生えない正しい保存方法!

冬になると大量消費されるみかん。
毎年段ボール箱いっぱい大人買い!

108151

でも、ふと気づくとカビが~(´;ω;`)ウゥゥ

そんなみかんを見つけるたびに、
毎回思い出します。

金八先生で、腐ったみかん扱いされた
加藤君のことを。笑(←年齢ばれるヾ(;´▽`A“)

「腐ったみかんじゃない、俺たちは人間なんだ」
っていうような説教は置いといて・・・

今回は、

  • みかんは冷蔵庫で保存してもいいの?
  • カビの生えない正しい保存方法!


を紹介したいと思います。

せっかく箱買いしたみかん。
カビが生えたり腐らしてしまうのは
もったいないですもんね。

美味しく長持ちするみかんの正しい
保存方法を紹介しますね~(‐^▽^‐)


 

スポンサーリンク

みかんは冷蔵庫で保存してもいいの?

みかんが痛む原因は、傷がついた部分から
カビ菌が繁殖したり、温度や湿度が高い
場所で保存することでも痛みます。

みかんの保存は、温度が低く、湿気の少ないところ
が一番ってことですよね。

それなら、冷蔵庫はどうなんでしょうか?

冷蔵庫に入れるのは、基本的にはNGです!

理由は、冷蔵庫にみかんを保存しておくと、
水分が飛んでシワシワになってしまうから。

しかも、常温で保存するより
酸っぱさが増すんですって!

私、酸っぱいのは苦手でして・・・(;^_^A
こちらを試してみたら甘くなりました!
『みかんを甘くする方法は?裏ワザ教えます!』

ただし、冬場は常温保存がおすすめですが、
冬以外は傷みが早くなるので、
冷蔵庫保存の方がおすすめです。

冷蔵庫での保存方法は、とにかく
乾燥しないように保存すること!

冷蔵庫での保存方法!

 

  • みかんをペーパータオルで1つずつ包む。
  • 何個かまとめて、ヘタが下になるようにポリ袋に入れる。
  • 野菜室で保存する。

 

冷蔵庫で保存する場合は
こちらの方法で約2週間保存可能です。

ただし、冬場以外は冷蔵庫での保存を
おすすめしますが、冬場は常温で保存します。

みかんの常温での保存方法!【カビ防止】

みかんを常温で保存する場合の
カビを防ぐ正しい保存方法です。

みかんの常温での保存方法!【カビ防止】
  1. 箱から出して痛んでいるみかんを取り除く。
  2. 新聞紙を敷き、みかんを並べる。
  3. 置き場所を工夫する。

 

詳しく説明していきますね。

1.箱から出して痛んでいるみかんを取り除く。

まず、箱からみかんを全部取り出します。

  • 表面に、白や青いカビが生えている。
  • 皮の表面がブヨブヨになっている。
  • 皮が破れて、汁が出ている。
  • 水分がなくなりしわしわになっている。
  • 腐ったような変な臭いがする。

 

これらの状態になっているものがないか、チェックします。

すでにカビが生えているみかんは
ビニール袋に入れて廃棄しましょう。

2.新聞紙を敷き、みかんを並べる。

新聞紙を数枚クシャクシャに丸めて
広げ直します。

その新聞紙を、みかん箱の底に敷き、
その上にミカンを丁寧に並べていきます。
そして、新聞紙とみかんを順番に重ねていきましょう。

こうすることで、新聞紙がクッションになり、
みかんに掛る圧力を緩和し、隙間の通気性もUPします。

入れる際には、ヘタの部分を下にして
入れていくのがおすすめ。

1

やわらかい部分より硬いヘタの部分を下にする方が、
圧力がかからず痛みません。

また、みかんのヘタの部分には軸があり、
そこから水分が出やすいので、ヘタの部分を上に
向けて置いておくと、水分が出て乾燥してしまいます。

ヘタを下に向けておけば、乾燥しにくくなるのでおすすめです。

さらに、消毒用エタノールを含ませた布で、
みかんの表面を吹いておくと、カビの殺菌になり、
より一層のカビ防止効果が期待できますよ。

ちなみに箱ではなく、買い物カゴなど
通気性の良いカゴやザルなどが
あればそちらの方がベストです!

 

4.置き場所を工夫する。

置き場所で一番重要なのは、
通気性が良く涼しいところ!

おすすめは、玄関や普段使っていない
和室などです。

暖房が、ガンガン効いている部屋は
すぐにみかんが傷んでしまうのでNGです。

とにかく通気性が良くて涼しいところ!
常温では、2~3週間
保存期間の目安です。

その他にも、冷凍して保存する方法も
おすすめです。

みかんの冷凍保存方法!

みかんを冷凍保存するのもおすすめ!

みかんの栄養素やビタミンCなどは、
冷凍しても壊れません。

何より、冷凍みかんは給食でも出てくるように
美味しくて、デザートとして大人気です。

しかも、冷凍なら1ヶ月~3ヶ月保存可能です。

冷凍保存方法は2つの方法があります。

  • 皮付きのまま冷凍
  • 皮をむいて冷凍

 

 

皮付きのまま冷凍

もっと詳しく冷凍方法を紹介しますね。

皮付きのまま冷凍!
  • 金属トレイに乗せて素早く凍らせる。
  • 一度水にくぐらせて、再冷凍する。
  • 冷凍が終わったらラップやフリーザバッグで包んで保存する。

 

一度水で濡らすのは、みかんの外側に
氷の被膜を作り乾燥を防ぐためです。

解凍は自然解凍でもOKですが、
流水解凍か、お湯にくぐらせると
皮がむきやすくなりますよ。

 

皮を剥いて冷凍!

皮を剥いて冷凍!
  • 小房に分ける。
  • 金属トレイに乗せて凍らせる。
  • フリーザバッグで保存する。

 

小房に分けておくと、凍ったそのまま食べられるし、
場所も取らないためとても便利です。

デザートやヨーグルトに入れて食べるのも
手軽でおすすめですね。

まとめ

さて、どうでしたか?

みかんの正しい保存方法は、

冬場は常温保存で、それ以外は冷蔵庫がおすすめ!

その他には、まったく食感は変わりますが、
冷凍みかんもありですよね!

それぞれの季節や使い方に合わせて
なるべく痛みやカビが生えないように
保存方法を工夫してみて下さいね。(#^.^#)

ついつい食べ過ぎてしまうみかん、
実験してみました。(笑)
『みかんは実際太るのか?【夜にたくさん食べて検証してみたよ!】』

プロフィール
この記事を書いた人
はーみーママ

こんにちは。
関西に住む2児の母です。
涙あり、笑いありのドタバタ生活の中で発見した、お役立ち情報を発信していますので楽しんでくださいね!

はーみーママをフォローする
季節
スポンサーリンク
はーみーママをフォローする
ママのぎもん
タイトルとURLをコピーしました