子供の小遣い、相場よりもっと教えたい大切なこと!

   

小学生に入ってから、My財布を持ち始めた息子。
旅行に行ったお土産に財布を買った時から、
お金というものに興味を持ち始めました。

小学生になったら誰もが通る成長の一つでもありますもんね。
そっか~小学生になったしお小遣いをあげようか。

そういえば他の子はどれぐらいもらってるんだろう??
よその子より多すぎても少なすぎても困るしな~

092761

相場を知ることはとても重要です。
そして、お小遣いの相場がわかったからといって、
無条件にお小遣いを与えるのはおすすめしません!
それよりもっと大事なことは
「お金をどうやってもらうかということ!」

今回はこの深~いテーマを、息子の人体実験とともに
お送りしたいと思います。

まずは、お小遣いの相場を知っておきましょう。
学年別にみていきますね。

SPONSORED LINKS

子供のお小遣いの相場

【お小遣いの平均額】

・低学年・・・949円

・中学年・・・896円

・高学年・・・1,087円

・中学生・・・2,502円

・高校生・・・5,305円

※金融広報中央委員会
「子どものくらしとお金に関する調査」平成22年度データより

 
小学生では、ときどきもらう子がほとんどですが、
中学生以上になると月1回など定期的にもらう子が増えてきます。

OK!相場はわかりました。
我が家も、ときどき10円~100円をお小遣いとしてあげています。
月に換算すると500円~700円ってところでしょうか。

相場よりちょっと安いけど、全然うちはOKです。

当の息子は、お金をもらって財布に貯めて
とっても嬉しそう。
いっぱいになってパンパンになった財布を眺めてニヤニヤしています。

そりゃぁ、大人だってお財布にお金がパンパンだったら
嬉しいに決まってますよね!

その気持ちはよ~くわかるのですが、奴の貯め方がいやらしいんです。笑

まず、最初はストレートに「お金ちょうだい~」
ちょうだいって!あんた。ヾ(・・;)ォィォィ
何もしてないのにお金をあげるなんてありえんし!

どうやら、お金をどんどんもらって貯めればOK!みたいな
すんげ~勘違いをしているご様子(-“-;A …アセアセ

そう、ここでお小遣いの相場よりももっと大事なこと!
「お金をどうやってもらうかということ!」
このもらい方の過程について、今までと現在と比較して
もっと掘り下げて説明していきたいと思います。

SPONSORED LINKS

お小遣いのもらい方 今まで

まだ小さいときは、親が全部お金を払いますよね。
子供は、お金の価値をまだ知らないので、
「アイス食べたい~ジュース飲みたい~
 おもちゃ買って~ガチャガチャやりたい~」

お金は湧いてくるもんちゃうねんで!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
と思いながらも、まだ早いかなと親がお金を管理していました。

4歳~5歳くらいになるとなんとな~く
物を買うにはお金がいるんだってわかってきます。

そして小学生に入るころには、これはいくらの物で
安い、高いぐらいはわかってきますよね。
そこで、子供にお金を管理させるようにしたのです。

最初は無条件にジュースを買いたいと言えば、
その金額を持たせて買いに行かせていました。
それがダメだったんですよね~

無条件でお金をあげてしまうと、子供は
お金は自然と手に入るものだと勘違いします。
当たり前ですよね!

そこで、我が家は
「お金は仕事の対価としてもらえるもの」という決まりを作りました!

さてこの決まりとはどんなものでしょうか?
詳しく説明していきますね。

お小遣いのもらい方 現在

無条件に今まであげていたのは、
「子供はお金の価値も知らないし、働くことをまだ知らないから」
確かに社会に出て働くことはできません。

かといってそのまま無条件にお金を与えていると、
「お小遣いは親から当然にもらえるもの」という考えになってしまいます。

でも、ここで考え方を変えてみましょう。
子供にお金の大切さをしっかり覚えてもらうために
「お金は仕事の対価としてもらえるもの」と教え込みました。

076404

難しいことではありません。
家庭での「家事や雑用=仕事」なんです!
どんな小さなことでもいいんです。

このゴミを捨ててきて~
お皿を並べてくれる~
できることはたくさんあります。

簡単に言うと、「お手伝い=仕事」です。

お手伝いをたくさんした月は、お小遣いも増えるし
お手伝いを全くしなければ、お小遣いももらえません。

そういう考えを徹底していくうちに、子供の方から
「何かお手伝いしようか~」と聞いてくるようになります。

最近では、お小遣いを増やすために、
今までより難しいお手伝いを率先してやってみたり、
効率的にできる方法を、小さいながらも試行錯誤して頑張っています。

お金という対価は、働くことで得るものということを身をもって学びます。
お金の大切さも知ることができますし、日ごろ親が自分たちを育てるために、
一生懸命仕事をしてお金を稼いでくれているのかを感じ、ありがたさもわかります。

親としても、お手伝いをしてくれて助かりますし、
親子双方にとってメリットが大きいですね。

まとめ

わが家の例をとって説明していきましたが、
子どもにお小遣いをを与えるかどうかは親次第。

そして、そのお小遣いに意味を持たせるかどうかも親次第です。

それぞれの家庭で、お小遣いを渡すかどうか、
また渡すなら相場も、話し合って決められると良いと思います。

そして、お小遣いを渡すと決めたなら、
ぜひ「お金の大切さ」をおしえてあげてください。

090926

お金の大切さを学んでいる子どもは、
お金のバランスを自分で考えて、
使えるお金と、貯蓄するお金に振り分けていくようになります。

そして、貯めたお金をいつどのように使うのか、
もしくはそのまま貯めておくなど、自分自身で
一生懸命計画するようになります。

キッザニアのような、子供が仕事をしてお金を稼ぐという
施設が人気なのも、わかる気がします。
子供には、お金の大切さ、働くことの楽しさを覚えてほしいですもんね。

そして、何十年ヶ後に大人になる子供達に、
親として強く生きていくための力をつけさせてあげたいですね。

世の中の子供達よ!働いてお金をもらうのは楽しいぞ~(*´∇`*)

SPONSORED LINKS

 -子供

  関連記事

013658

トイレトレーニングの進め方!3歳の娘が成功した方法とは?

  みなさん、トイレトレーニング 順調に進んでいますか? 私が思うに、トイレトレーニングは

104692

子供が花粉症に?症状は?何科に行けばいいの?

春!ポカポカと気持ちよく過ごしやすい季節ですね。 ところが、花粉症の人には憂鬱な季節・・・ かくいう

032556

乳歯が抜ける順番は?違ってても大丈夫?

小学1年生の息子の参観日に行った時に、 先生がおもしろいことを言われていました。 「教室でみんなが笑

ŠwZV•·ƒ^ƒCƒgƒ‹˜g05

放課後児童クラブとは?実際はこんなところ!

  息子が小学校に入学しました。 私たち夫婦は共働きの為、 小さいころから保育園に通ってい

088919

子供のはさみ、いつから使うのがおすすめ?

先日、2歳の娘がひいばあちゃんと畑で遊んでおりました。 ネギをひいてきて、ひいおばあちゃんがネギの

7fa3719eac41a6fd94b9179829872797_s

速く走る方法は?家で簡単にトレーニングできる!

  前回、運動会の徒競走で1位になるべく 走り方教室に行った成果を紹介しました。 「運動会

097275

子供と銭湯へ行こう!年齢別にポイントを検証してみました!

我が家は銭湯大~好き♡ だって、あの解放感ったら半端ないですよね♡ 広いお風呂でゆ~ったりして日頃の

015740

子供の前髪の上手な切り方!3つのポイント!

みなさん、お子さんの前髪のカットはどうされていますか? ある程度大きくなってきたら、美容院や散髪屋さ

103968

サンタを信じる年齢は?うちの子の場合!

  もうすぐクリスマスですね! 子どもたちは待ちに待ったクリスマス。 クリスマスツリーを飾

1

50m走の平均は?小学生なら何秒?年齢別平均教えます!

  先日、息子の小学校で スポーツテストがありました。 その結果を持って帰ってきました。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1
土鍋の使い方と驚きの使い道とは?ポイントをおさえて一生モノに!

  先日、土鍋を新調しました。 土鍋は、鍋料理以外にも、 お米を炊いたり、蒸し料理にも使え

2
めんたいパーク三田の口コミ!福引は豪華でスゴイぞ!

  三田にある、『めんたいパーク』 に行ってきました。 明太子の老舗かねふく が運営する

2
土鍋の使い始めにすることは?小麦粉で目止めをしてみました!

  先日、土鍋を新調しました! 以前使っていた土鍋より 一回り大きな土鍋が欲しくて、 たま

3
コストコのトイレットペーパーは高いのか?検証してみました!

  コストコに行くたびに思ってました。     「コストコのトイレット

9
キリンビールの工場見学【三田】は大人も子供も楽しめました!

  先日、三田にあるキリンビール工場に行ってきました!     こちら


  • 名前:はーみーママ
    年齢:アラフォー
    自己紹介:2人の子供のママです。
    仕事と暴れ盛りの子供達との生活で、
    どたばたの毎日です。
    そんな私ですが、子供の事や生活のこと、
    いろんな話題を書いていますので、
    よろしくお願いします。(o^∇^o)